eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

[ ] since 2002/07

わかるようなわからないような

別にうまいこと言わなくていいから従弟のJくんは、大のお風呂嫌い。
2〜3日に1回入ればいいと、両親はやや諦め気味。
が、うちの家族はなぜか、やっきになってJくんを風呂に入れようとする。
今日も、巧が説得に成功し、巧と瑞紀で風呂に入れ、無事に洗って出てきた。
妹Yちゃんが、「どうやったの?」と不思議そうに聞くと巧、「従兄弟(いとこ)は、兄に従うんだよ」と言ったそうな。なるほど。
子どもら | - |

「わかるようなわからないような」の評価です。


会話はしすぎるほどしてます

続けて書いちゃうよね毎日「今日(の夕食)は何?」と聞かれるのが嫌なので、最近はホワイトボードに「○月○日の夕飯」と記入している。
今日は粗食の日なので、「ししゃも、チキチキボーン」と書いておいたのだが、巧に引き続き、なおにまで「4キ4キボーン(よんきよんきぼーん)って何?」と聞かれた。うるさい。
子どもら | - |

「会話はしすぎるほどしてます」の評価です。


モッキンバードを作ってみよう!

いいソフトでした木曜はテレビなしの日でもあるので、夕食時はもっぱらおしゃべり。
ふとしたことから、昔、我が家の初代WinマシンであるFMVに入れていた、子ども向けソフト「Thinkin' THiNGS」の話で盛り上がる。もちろん、Win95の時代である。
確かに、Vaioにしてからもしばらくは居間に置いて遊ばせていたけど、よく覚えてるなぁと感心しきり。少なくとも、6〜7年前には撤去しちゃったものだよ?
巧でさえすごいと思うのに、瑞紀もよく覚えていた。子どもの記憶力ってすごいよね。
続きを読む>>
子どもら | - |

「モッキンバードを作ってみよう!」の評価です。


みんな結構強いのね

いいリハビリにはなった始業式の今日、小学校で学年別の将棋大会が行われ、瑞紀もなおも出場した。
出場者は弁当持ちだったので、冬休み明けの怠けた身体に鞭打って、早起きして作ったのだが、2人とも1回戦負けして、早々に帰宅。
顔で笑って心で泣いた。
子どもら | - |

「みんな結構強いのね」の評価です。


母失格ですか

立場逆転以前買ったうらしまたろうの絵本に、その他のタイトルの一覧が載っていた。
もえが、それを読んでは「これはどんなお話?」と聞くので、わかる範囲であらすじを話していたのだが、「かちかちやま」はおぼろげにしかわからず、子どもに「知ってる?」と振ってみたところ、この話に限らず昔話に結構詳しいので、驚いた。
私は読んでやった記憶も、本を買ってやった記憶もありません。
子どもら | - |

「母失格ですか」の評価です。


かなり斬新な使い方

原型をとどめてない以前、携帯の投稿コーナーに、
「『あたかも』を使って文章を作りなさい、という問題に、友人は『そういうことも あたかもしれない』と答えた!」
という投稿があり、大ウケした。
たまたまそんな話になり、私が出すお題に、なおは正しい文章を、巧は上述のようなネタ文章を作る遊びを始めた。
『最早』を使え、と言ったら、巧が出したのがコレ。
文節をまたがってるじゃないスか。
子どもら | - |

「かなり斬新な使い方」の評価です。


本日、不貞寝(ふてね)デー

なおはトランプしてました。おりこう我が家の木曜は、ゲーム・テレビ・マンガ禁止デー。
違う楽しみを見つけてもらうために設けたのだが、巧はそれを8割がた睡眠に使うので、最近は理由はどうあれ、就寝時間以外にヤツが寝ていることを、「(ゲームができないことによる)不貞寝」と呼んでいる。
今日も今日とて、巧は我が家のこたつで不貞寝していたのだが、母屋のこたつで瑞紀までが不貞寝していて、愕然とした。
木曜は、ゲームやりすぎが原因の寝不足を解消する日じゃありませんから。
子どもら | - |

「本日、不貞寝(ふてね)デー」の評価です。


千尋の谷とかムリです

決勝も、ものすごく惜しかったんだよ!!ここにはあまり書いてないけれど、実は毎週のようにムシキング大会に出ている。
なおが優勝した日はスキマだったのか、毎回強豪揃いで、グレイテストチャンピオン(グレイテストプレーヤーカード3枚で、チャンピオンカードがもらえる)がごろごろいるため、なかなか勝てない。
しかし、着実に場数を踏んで実力をつけてきたのか、今日は準決勝で兄弟対決に。
なおが辛くも勝利し、決勝には敗れて準優勝だったが、見てる方が心臓バクバク。
態度はデカいが気は小さい私、着実に寿命が縮んでおります。
続きを読む>>
子どもら | - |

「千尋の谷とかムリです」の評価です。


スローモーションタックル

数秒、動かなかった
なおにラブラブのもえ、なおの背中にしがみつきながら店内を歩いていた。
なおが「もえちゃん離して!」と叫んだ直後、びたん!という擬音そのまんまの音とともに、2人が床に倒れていた。
わ〜マンガみたい、と思った。
子どもら | - |

「スローモーションタックル」の評価です。