eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

[ ] since 2002/07

スタートボタンを押してください

もちろん名前入れの曲まであったよ4枚までしか申し込めなかったPRESS STARTのチケットが買えたので、あま、巧、なお、私の4人で行ってきた。
ゲームミュージックでしかもオーケストラ演奏という、非常に“うち得”なコンサートで、期待通りの素晴らしさだった。
その中で、うちらが若い頃から子ども達まで親しみ続けている「グラディウス」のメドレーの最初の曲が、なんとアーケード(ゲームセンターにあるゲーム機)の電源を入れた時にのみ流れる曲で、後で聞いたら家族全員「そこから?」と思ったと言っていた。
ゲームミュージックCDに入ってるので、知ってる人は多いんだろうけれども、さすがマニア向けコンサート。
ゲーム関連 | - |

「スタートボタンを押してください」の評価です。


PC購入覚書的更新

手抜きですんまそんポケモンタイピングDSというソフトについてくるキーボードが、BluetoothでiPadやiPhoneにも使えると知り、もともともえがソフトに興味を持っていたこともあって即買い。
ネットを見ながら試し、無事iPadと接続できることを確認。コンパクトでえらく軽く、持ち歩くのにはもってこいだ。ソフトも、もえのタイピング練習になるし、よくできている様子。ていうか、ソフトがBluetoothを搭載してるってのもなんかすごい。
そして、ついでに店をうろうろしてたら、core i5でBlu-ray搭載なのにそろそろ型落ちするらしく、えらく安いノートPCを見つけ、さらに値切りまくって購入に至る。
これで超遅いVistaとオサラバできる(ΦωΦ)フフフ…
ゲーム関連 | - |

「PC購入覚書的更新」の評価です。


なんたる早業

確かにその場でPCいじってたが…幕張メッセでの3DS体験会に行った。
10時からなのに8時前には幕張に着き、並んだので、そこそこ早い方だった。
最長で110分待ちにもなったゼルダの伝説も、ものの10分程度で順番になり、もえがプレイしていると声をかけられた。
どうせあちこちで撮るのだろうと、軽い気持ちで答えたら、1時間後には某有名新聞社のサイトにバッチリ写真が載っていたし。
2枚目には一緒に行ったVJF1号も写っていて、ツイッターで報告したらVJFのメンツに爆笑された。
ゲーム関連 | - |

「なんたる早業」の評価です。


VJFは世界いちぃぃぃぃ!

上がXbox360、下がPS3です(マウスは関係ない)VJFの1号が、Xbox360を買い換えたので、古い方を譲ってくれることになり、わざわざ車で持ってきてくれた。
4月には、やはりVJFのろんが、torne(PS3用の地デジレコーダー)が欲しいのに単体で売っていないから新型の同梱版を買うと言って、旧型のPS3を譲ってくれた。
その時もわざわざレンタカーを借りて、うちまで持ってきてくれた。
かくして我が家に、次世代ゲーム機が揃ってしまった。Wiiしか買ってないのに。
みんないい人だ!次は何をもらおうかなうわ何をすr
ゲーム関連 | - |

「VJFは世界いちぃぃぃぃ!」の評価です。


そこらじゅう「たくみ」だらけ

もうちょっと頑張れよカメラ瑞紀が買ったゲーム「白騎士物語」を、瑞紀の合宿中にやり始めた巧。
自分に似せたアバターを作っていたが、「自分の顔はよくわからないからママ作ってみて」というので、途中から私が挑戦。
しかしこれといった特徴のない顔なので、出来上がった顔にイマイチ自信がなく、例のデジカメで「たくみ」と出ればかなり似てるんじゃね?と見てみたところ、なんと認識した!
しかし、巧を登録した途端、なおの顔ももえの顔も「たくみ」と出るようになってしまったので、ちっとも説得力はないのだった。
ゲーム関連 | - |

「そこらじゅう「たくみ」だらけ」の評価です。


ゲーセン久しぶりだった

瑞紀のポップンミュージックが上手くてビビったあまに連れられて、東雲のウェアハウスというゲーセンへ。
あまの目的は昔懐かしい3画面のダライアスだったのだが、キャッチャー4号である私はUFOキャッチャーでウサビッチのグッズやモンハンのフリースなどゲットしたり。
大きい筐体で、ボールを投げて画面にぶつけるゲームがあり、兄ちゃんズと私の4人でプレイしてみた。私は途中で失敗したものの、兄ちゃんズは最後までクリア。
ムキになって投げまくったので、翌日腕が痛くなったけど、スゲー楽しかった。
続きを読む>>
ゲーム関連 | - |

「ゲーセン久しぶりだった」の評価です。


見ているだけでも面白い

誰も余らず、水入らずでできる
数ヶ月に1度の割合で、スマブラブームが再燃します。
兄妹でワーキャーと大騒ぎしながら、楽しそうに遊んでいるのを見ると、子どもを4人作ってよかったなぁとしみじみ思います。
スマブラは、4人同時プレイできるので、ピッタリだし(←え、そこ?)。
ゲーム関連 | - |

「見ているだけでも面白い」の評価です。


なんの呪文か

一時的に流行りました夕べの続き。
ワードバスケットには、ひらがなカードの他に、UNOのようにワイルドカードというのがある。
例えば、ワイルド6なら6文字の言葉限定だが終わりの言葉はなんでもよし、ワイルドライン(あ行)なら、あ行のどの文字として使ってもよし、など。
なおが、場のカードが「す」で、ワイルド7(7文字以上)を使おうとし、いきなり叫んだ言葉を誰も理解せず。
スリランカの首都らしいですよ。何度聞いても覚えられないんだけど。
ゲーム関連 | - |

「なんの呪文か」の評価です。


爆笑という感じではなかったが

またやってみますTwitterで伊集院光氏が薦めていたカードゲーム「ワードバスケット」を購入。
夕食後に家族でプレイしてみた。
やることはしりとりなのだが、最初だけでなく最後の文字を指定されることがこれほど難しいとは。
でも、みんなが「お〜」と言ってくれるワードが出せるとうれしい。
もえが『ぬ』始まり『け』終わりで『抜け駆け』で上がったときはどよめきが起こりました。
年齢が違っても、文字数制限をするだけで、かなりバランス取れましたよ。
ゲーム関連 | - |

「爆笑という感じではなかったが」の評価です。