eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

[ ] since 2002/07

わかってて言ってるけど

雷とか花火は大嫌いだった部活の合宿は終わったが、来週は勉強合宿がある巧。
そのせいで、10日の花火大会に行けないため、「なんで俺の合宿中に花火大会があるかなー」と怒っていた。
「あれ、行きたかった?昔、花火の間中、おばあちゃんの膝に頭突っ込んでたから、花火は嫌いかと思った」と言ったら、全く覚えていないとのこと。
え、ほんの13〜14年前の話ですよ?(←無理)
たくみ | - |

「わかってて言ってるけど」の評価です。


ちゃんと報告せい

まだまだ不安ですこの連休は、真面目に部活に出ている巧。今日はうちからさほど遠くない高校で練習試合があるというので、道を教えてやって自転車で行くことに。
昨日ざっと地図を見ただけで、今朝はとっとと出かけてしまったが、普段あまり出歩かないヤツのこと。大丈夫かなぁと心配していたら、案の定、「迷った」とメールがきた。
私の返事ですぐわかったようだったが、その後もまた「こうだっけ?」というメール。その後返事がないので「着いた?」と打ったら、約束の時間の5分前くらいに「うん」とだけ返事がきて一安心。
車ではよく通る道だけど、自分で通ってみると、案外わからないものなんだよねぇ。
たくみ | - |

「ちゃんと報告せい」の評価です。


上半身はそうでもないのに

どこの競輪選手か夕方、おじいちゃんたちと多摩テックのクアガーデンへ。
食事をして、夜10時に帰宅すると、高校の連絡網が回ってきて、合唱祭のリハーサルのため、明日衣装を持って来いとのこと。慌てて黒いズボンを探し、合わせてみることに。
巧に穿いていたズボンを脱がせたら、太ももがすごいことになっていた。
毎日の自転車通学と、部活の賜物らしい。
たくみ | - |

「上半身はそうでもないのに」の評価です。


本好きなのはいいことだが

夜中の3時に読了したそうな発売日の昨日、ハリポタ最新刊がアマゾンさん(notあま)から届いた。
早速ちょっと読み始めたものの、前作のストーリーの肝心な部分を全く思い出せず、前作の下巻を読み返すことに。
その間、どうせ巧のほうが読むのが早いからと先に新刊を読ませていたのだが、今朝眠そうな顔をしているので、「ひょっとして上巻読み終わったの?」と聞いたら、「うん、下巻も」。
読み始めたのが夜の7時くらいだった気がするけど(それから食事もした)、何時まで読んでたんですか。
たくみ | - |

「本好きなのはいいことだが」の評価です。


ファミ通の通貨かよ!

別に略さんでも
新入生の仮入部期間も終わりなので、いよいよ巧も正式な入部届けを顧問の先生に出したとのこと。
その時に、受け取った先生がこう言ったので、吹き出さないようにするのに苦労したそうだ。

※ファミ通の通貨=ガバス
たくみ | - |

「ファミ通の通貨かよ!」の評価です。


ボケも知的に

結局都合でカレーはやめたんだけど巧が「今日の夕飯、書いてないけど何?」と言うので、「カレーです。書いといて」と頼んだら、こう書いてあった。

うん、さすが漢検準2級だね。
でもそれ、アクセント違うよね。
たくみ | - |

「ボケも知的に」の評価です。


執念のモンスターと化す

死んでもやるぜってか入試日までは絶対風邪を引かないという気力のもと、この1年間本当に軽い風邪も引かなかった巧だが、入試が終わった途端、調子が悪くなった。
それでも、遅ればせながらの誕生祝い、モンスターハンター2をうきうきと買いに行き、寝るギリギリまでプレイ。
夜には発熱し、翌25日には38度出てましたが、ふらふらしながらモンハンはしてたよ。
まさにバカ。ゲームバカよのう。
たくみ | - |

「執念のモンスターと化す」の評価です。


神頼み準備完了

四角い鉛筆でした去年巧の担任だったT先生が、今年の受け持ちの子全員に、湯島天神の合格鉛筆を3本ずつくれたと、そのクラスのおかあさんから聞いていた。
すると今日、巧のクラスの授業の最後に、元2-Bの子を集め、鉛筆を1本ずつくれたとのこと。
鉛筆には6種類ほどの言葉がそれぞれ刻印されているのだが、巧曰く、「俺にないものが書いてあった」というので、何が書いてあったのかと思ったらコレだった。
偶然とは思うけど先生、グッジョブですよ!
ていうか、わかってるんなら努力すれよ巧。
続きを読む>>
たくみ | - |

「神頼み準備完了」の評価です。


私は一瞬考えた

ぶっちゃけありえない
あまが録画予約の設定中、誰にともなく問いかけた質問に、巧が即答。
中3男子として、それは即答できなくていいことだと思う。

新プリキュアといえば、敵の親玉らしきものの名前が「アクダイカーン」というのには笑った。
たくみ | - |

「私は一瞬考えた」の評価です。