eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

since 2002/07

<< 空耳ア〜ワ〜♪ | main | 本当にあった信じられない話 >>

あと少しの辛抱

普段は固定板が手のひらまであってジャマらしい巧の通院日。
そろそろ固定板をはずして、ゆっくりとなら動かしてもよいと言われ、骨折してから初めて、生腕の状態で風呂に入った。
とはいえ、皮膚の下に針金の突起が見えているような状態なので、寝るときや登下校時は固定しておかないと怖いため、また包帯を巻き直す。
巻き直す前に、ちょっとバスケのボールの感触を楽しんでいたが、それでふと気付いたらしい。
「この角度、『左手は添えるだけ』やるのに完璧じゃね?」
まあ、今のうちにしっかり記憶に刻み込んでおきたまえよ…。
たくみ | -|

「あと少しの辛抱」の評価です。