eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

[ ] since 2002/07

まさかこんな災害になるとは

母屋に唯一あった石油ストーブ、神休みだった瑞紀と2人まったりしていた午後、未曽有の大災害である東北関東大震災が起きた。
ちょうど小学生の帰宅時間なので、バス停まで見に行ったが降りてこず、連絡はないが(電話は不通だったらしい)迎えに行き、帰りに中学校にも寄って、無事に2人引き取った。
最初の揺れの最中から停電し、直接の被災地ではないけど結局夜の11時まで電気は戻らなかった。
ろうそくと懐中電灯のあかりでおばあちゃんにおそばをごちそうになると、瑞紀となおが、棚から落ちてきた未開封の古いジグソーパズルを開けてやり始めた。
もえが異常に怖がっていたので、この2人の日常通りの淡々とした態度がすごくありがたかった。
続きを読む>>
日常 | comments (0) |

「まさかこんな災害になるとは」の評価です。


まあまあおかあさん(笑)

バレンタインデーのネタとしてはどうなのか大学はもう春休みなので、巧と一緒にマックで昼食。
帰り際にトイレに入ると、2つある個室のうち1つは使用中だったので、もう1つの方に入った。
すると、女性用のトイレ入り口のドアが開く気配がし、小さい子のお母さんらしき声が。そして隣の個室にいる女の子とこのような会話になった。
吹き出すわけにもいかず、ふるふるしちゃったよ。
日常 | comments (2) |

「まあまあおかあさん(笑)」の評価です。


任天堂がうどん店に

挑まれるとこっちも燃えるし(えー友人の家でおしゃべりしていたら、テーブルに回文を書いたメモが挟まっていて、聞くと高1のお嬢さんが回文を集めているとのこと。
その時覚えていたものを2つばかり伝え、その後も面白いのがあったらメールするね〜と言っていた矢先、夜にネットを見ていたら「来てもよい頃だろ、来いよモテ期」というのを見つけた。
用事ついでにメールすると、書き置いた2つは知っていたが、コレは知らなかったとのことで、逆に「これは知ってる?」と2つばかり送られてきた。
その後何度かやり取りしていたら、なぜか戦いの様相に。集めてるなら教えてあげようと思っただけなのにー。
日常 | comments (3) |

「任天堂がうどん店に」の評価です。


クルマ同士で世間話

一瞬何が起きたかわからなかった信号待ちをしていたら、右隣りの車線の軽のおじさんが、窓ガラスを開けてなにやら手招きしていたので、なんだろうと思ってこちらも窓を開けたら、突然「何人乗り?」と聞かれた。
8人乗りですよと答えると、さらに「ヨンダブ(4WD)?」と聞くので、ついてますー(パートタイム4WDなので)と返事すると、「カッコイイね〜、僕もそういうの欲しいんだけど、高くてねぇ」とニコニコして去っていった。
『狐につままれたよう』というのはこの時の私のような状態を言うんですねわかります。
日常 | comments (0) |

「クルマ同士で世間話」の評価です。


めっさ楽しかったです

その部分が終わったら、曲の途中なのに拍手喝采(笑)中学校のPTAコーラスが、小学校の音楽集会にお呼ばれして、数曲披露した。
1,3,5年生と2,4,6年生の2時間あったのだが、1,3,5年生に聞かせた唱歌ファンタジーの中の、演歌チャンチャカチャンのような節で「ラーンラランランランラン」と歌う部分に、1年生がウケて笑い出し、何度か出てくるので出るたびに笑いが大きくなる。
暮れに老人ホームで歌った時には全く笑いは起きなかったので、まさか笑われるとは思わず、演奏している私たちまで笑ってしまった。
日常 | comments (0) |

「めっさ楽しかったです」の評価です。


みんな成長したね〜

晴れ姿を見てるだけでも楽しい今年からの試みなのだが、市の成人式会場で、公立中学校出身の新成人の子達が中3の時に書いた「タイムマシン作文」を返却した。
事前に巧やお友達に聞いても、書いたことを誰も覚えておらず、この企画は失敗ではと思っていたが、受け取った子達の楽しそうな顔を見て、よかったなと心から思った。
返却率も当日で6割以上とかなりのもの。
今年のPTA本部ではなく、当時の卒業生のお母さんに手伝いを頼んだのも正解で、逆に「誘ってくれてありがとう!」と感謝されるほど楽しんでもらえた。
自分の子が成人する年に会長になったのも、よい巡り合わせだったわぁ。
日常 | comments (0) |

「みんな成長したね〜」の評価です。


公団の怪談

なんとなく薄ら寒かった10日に成人式の会場で、中P連からお祝いメッセージを貼り出したり、新成人が中3当時に書いたタイムマシン作文を返却するので、準備に行ってきた。
いつも会長会で使う教育センターも、タイムマシン作文の保管に使わせてもらっている場所も、昔小学校だったのが子どもが減って廃校になり、今は市が別の教育施設として使っているところで、どちらもかなり大きい。
町田は40年ほど前にできた団地がたくさんあるが、子どもは成長して出ていき、今は老人だけが残っている世帯も多い。この施設の近辺も公団で、3月には中学校も1校廃校になる。
公団怖いな〜と思った。
日常 | comments (0) |

「公団の怪談」の評価です。


死ぬほど笑いました

これに「反対の意味」を表す矢印描いただけ2日前に親戚が来たときにピクショナリーをやったのだが、私はここ数年審判ばかりで全然プレイしていなかったので、遊びにきた1号を誘い久しぶりにプレイ。
巧&瑞紀チームは、とにかくインスピレーションがすごくて、「散らかす」という難しめのお題を、かなりの速さで正解。
しかし巧が描いた絵を見て、全然納得できないと大騒ぎ。この絵は箒とチリ取りだそうだけど、言われても見えませんが!

ちなみになおと私のペアは、他のチームが1周する間に2周した。なんだかんだ、やっぱり絵描き有利なゲームかもしれません。
日常 | comments (2) |

「死ぬほど笑いました」の評価です。


半額注意

最初に頼んだ皮と手羽先が1時間も来なかったせいもあるんだけど年末恒例、アラカルト観劇。チケットはまたまたBちゃんにお世話になりました。
観劇自体はいつも6〜7人いるのだが、終演後はなかなかみんな予定が合わず、3年連続Bちゃんと私・あまの3人で、同じ焼き鳥屋へ。
今回は千秋楽で開演時間が早く、6時半には焼き鳥屋に入れたので、初めて7時までの半額サービスに間に合ったため、調子に乗って注文していたら、結果食べきれないほど頼んでいて、例年より高くついてしまった。
ああ、バカだよ!
日常 | comments (0) |

「半額注意」の評価です。