eDaily kya4 −絵日刊きゃ4−

[ ] since 2002/07

ドンマイ=「気にするな」

もったいないよねー2学期の通知表がきました。
もえ様は相変わらず、非の打ち所がない成績でしたが、中高生がね。
特になおは、テストの点数はすごくいいのに、提出物が出ておらず5がつかない教科も。
そういう指摘をすると、必ず「ドンマイ」と言うのですが、お前が言う立場じゃないっつーの。
この会話を何度したかわかりません。
なお | comments (0) |

「ドンマイ=「気にするな」」の評価です。


ラケット話最終回(だといいな…)

月曜夜のバドサークルの時も忘れてたんですかいなおのラケットが見つかりました!!
大会の対戦相手だった学校の先生が見つけてくださったらしく、翌週の個人戦の時に「心当たりの人いませんか〜」と探していて、うちの顧問の先生が引き取ってくれたとのこと。
本当にありがたい話だが、個人戦は日曜だったので、「(顧問の)S先生も、なんで木曜の今日になって…」と疑問を口にしたら、なおしくんからこんな言葉が。

お前、反省してないだろ。
なお | comments (2) |

「ラケット話最終回(だといいな…)」の評価です。


なぜそんなに堂々と

もうちょっとあせったりしないものなのかなお、日曜はバドミントンのブロック大会があり、団体戦で1勝できた。
が、翌日月曜は腹痛で学校を休み、今朝送っていこうとしたら、今度はラケットが「ない」と。ないってなに!!
どこぞに置いてきちゃったみたいですよ…2本も入ってたのに…1本は買ったばっかりなのに…orz
なお | comments (0) |

「なぜそんなに堂々と」の評価です。


一番大事なラケットを!

あまもよく携帯を忘れます仕事に行くのに、ひざ掛けだの、普段持たないものを持ったら、大事な財布や携帯が入ったポーチを置いていったあま。
なおが午前中部活なので、送るついでに保育園に届けてあげようと思い車を出したら、すぐに「ラケットを忘れた」と、なお。
午後に直行で農工大の学祭に行く予定なので、なおにも普段は持たない「着替え」を持っていって、と言ったのだった。
そんなにソックリでなくていいですよ、ホントに。
なお | comments (0) |

「一番大事なラケットを!」の評価です。


女子の先輩も1人罹患…

なかなかかっこよかったよバドミントンの新人戦になおがダブルスで出場。
1回戦だけ勝ち進み、ベスト8(笑)。男子は出場数が少ないんだよね〜。
でも、2回戦も2年生ペア相手に2ゲームとも2桁スコアを取り、善戦。しかもその相手が優勝したので、まずまず。
ところで、普段は試合開始時と終了時、挨拶のあとに握手をするんだけど、今日はしないので、変だなと思ってたところ、インフルエンザ感染予防のためにやめたらしい。
試合中にも熱の出る生徒がいて、負けた学校はどんどん帰していました。
握手だけやめたところで、あんまり意味がない気がするけどね…。
なお | comments (0) |

「女子の先輩も1人罹患…」の評価です。


後付けすぎるだろ

宿題はなんとか終わったんだけどね
いよいよ夏休み最終日。
溜まった宿題をやるのはまだかわいいとして、夏休みの目標を、今日の寝る直前に書いてるのはさすがにどうかと。
なあ、なおし。

こんなこともありました。
なお | comments (0) |

「後付けすぎるだろ」の評価です。


面白いこと言ってもダメだ

憎めないんだけどね朝、子どもらを起こすと、居間にはたどり着くものの、座布団の上でまた寝てしまうことがしばしば。
今朝もなおが寝ていて、ムクッと起きたときに、顔の左側に座布団のスジがついていたので、「跡がついてるよ」と言ったら、こう言って反対側を下にして寝ようとした。
いいから起きなさい。
なお | comments (0) |

「面白いこと言ってもダメだ」の評価です。


ラッキーだけどかわいそうに

せっかくだから普通の試合を見たかったなおが、市のジュニアバドミントン大会に出場するため、会場へ送っていき、そのまま観戦。
顧問の先生に、全12面あるコートの、どこでいつ頃試合があるか聞き、そのコートの近くの観客席で見ていたが、一向になおが出てこない。
さすがにおかしいと思い、反対側の、部活の子が集まっている場所へ行くと、なんでもなおの相手の子が連続2人も棄権したため、まだ1戦もしてないのにベスト8になってしまったと、先輩の男の子が教えてくれた。
次の試合の相手は、その先輩で、部のエース。こてんぱんにやられました…。
なお | comments (2) |

「ラッキーだけどかわいそうに」の評価です。


成長を感じる瞬間

毎年卵を産むけど、土がカビ生えちゃうんだよねうちは山の中なので、カブトムシがわりと簡単に捕まる。なおが毎年、罠を仕掛けて数匹捕えては飼っていたものだった。
今夜も、妹Yちゃん一家が息子Jくんのために、カブトムシ狩りに来ていて、それで思い出したのだが、数日前の朝、うちの網戸に、カブトムシが飛んできて、数時間止まっていたことがあった。
午後、部活から帰って来たなおが、手には取ったものの「飼う」とは言わず、そのまままた網戸に止まらせたのを見て、初めて「ああ、なおも本当に中学生になったのね…」と思ったのだった(←初めてかよ)。
なお | comments (2) |

「成長を感じる瞬間」の評価です。