こどもの世界

こどもが語る言葉はすべて真実である。もし大人にとっては虚偽だったとしても。
こどもの言葉はまるで詩のようである。大人が書き留めてやればほら…

上に行くほど新しいので初めての人は下から読んでね!



もえぎが何かを見て「あっこれ、
トールバイシャにあったよね」と言うので、
「トールバイシャって何?」と聞いたら、
前に治療してもらった「とおる歯科」のことだった。
「歯科」を「歯医者」と読み、さらに「ザメ」のように
繋がった言葉だから濁点がついたらしい。
その応用力に、妙に感心してしまった。(6歳)



たくみみずきの会話に入ろうとしたら、
わざと入れてくれなかったので、「ふん、いいよ」と
開き直ったら、それを見たみずきが一言、

「あ、スネくれた

「スネた」と「ひねくれた」の合体かと思いきや、「スネた」と
「しょぼくれた」の合体というので、さらに笑った。(12歳)

テレビでフケの話が出た。なおし
「フケって何?」と聞くので、頭を掻くと
角質がね…と説明しようとしたら、
「えっ、隠しヅラ?」
面白すぎるわ。(9歳)



魚の絵のパズルがお気に入りのもえぎ
水族館で触った「ネコザメ」や、「ネズミザメ」の絵を
見つけた後、「ジンベエザメ」を指して
「もうひとりのザメがいるよ!」
気持ちはわかる。(4歳)



なおしが鉄拳よろしく、
『こんなプーさんはいやだ。ハチミツの代わりにハチを食べる』
などと言っていたら、もえぎが真似をして
『こんなプーさんはいやだ。ハチミツをなめる
と、プーさんそのものを否定していた。(3歳)



もえぎのドラえもんの歌。
「♪空を自由に 飛びたいな〜
『ハイ、飛びたいよ〜』」
そうだよね。(3歳)



4月から幼稚園に通い始めたもえぎ
保育園の頃と違い、帰宅時間が早いので、自分が帰宅しても
兄たちはまだ学校から帰っていない。
「ねえ、みーくんとなおちゃん、何月に帰ってくるの?」
うん、そんな遠くには行ってないから。(3歳)



携帯の絵文字を見ていたもえぎ
ロケットの絵を見つけて一言、
「あ、ロケットランチャー!」

…ゲームのしすぎです(家族が)。(3歳)



ある曇った夕方、もえぎが空を見て
「三日月が雲にやられちゃった
ゲームのしすぎです(家族が)。(3歳)



親や祖父母は、普段名前で呼ばないので、
もえぎくらいの小さい子には、名前を
時々教えてあげる必要がある。今日もお風呂で復習した後、
「パパの名前は?おじいちゃんの名前は?」という質問には
なんとか答えたが、おばあちゃんの名前は忘れてしまったようで、
「の…」と助け舟を出したところ、「の……のみお?
どちら様ですか。(3歳)



先日、咳をするもえぎに、
「風邪かな〜?」と言ったら、それ以降、咳が出ると
「かぜがふいてきた…」
と言うようになった。(3歳)



保育園でもらった絵本についていたシールの
台紙を見て、「これはじょうろ、これはバケツ」
と名前を言っていたもえぎ。そして私に質問した。
「これ、なすあそびだっけ?」
いや、砂遊びの道具だね。(3歳)



のんびり寝ていた休日の朝、もえぎ
目覚めて、「お外、お天気(朝)になったよ」と言った。
「お天気になったらどうするの?」と聞くと、
「お天気になったら起きる」と言うので、
「起きたら、どうするの?」と聞いてみたら、
「夜になったら、寝る」
短い1日だなぁ。(3歳)



車中で、信号を見ていたもえぎが、突然
「きゅうりはチーム」と叫んだので、
運動会の話に変わったのかと思ったら、
どうやら「黄色は注意」と
言いたかったようだ。遠い。(2歳)



もえが保育園で、敬老のプレゼントに、糸電話を作った。
早速おばあちゃんのところへ持っていき、
「糸電話だって」と伝えると、隣にいたなおし

「えっ、コードレス糸電話!?」

糸電話な時点で、コードレスありえないから。(7歳)



パパに抱っこされたもえぎが、
パパの顔を見ながら、アンパンマンの節で
「♪アンポンタンはーきみっだ〜」
と大きな声で歌っていた。(2歳)



みずきが3、4年生の担任だった先生宛てに
感謝のカードを書いていた。文章はなかなかよかったのだが、
「学んだ」のところが「字んだ」になっている。
私が「これ、学ぶっていう字なの?」と聞くと、横から覗いた
1年生のなおに、「それは『字』だよ!」と突っ込まれていた。
がんばれ、みずき。(10歳)



みずき 「今度、音楽の時間に
おとこ習うって言ったっけ?」
音楽の時間…それはお琴のことでしょうか。(9歳)



夕食にそぼろ丼を作っていた。
なおしがそれを見て 「今日、ビビンバ?」
と聞くので、「ビビンバじゃないよ」 と答えたら、

「あれ、ババンビだっけ?」(6歳)



たくみのお弁当用に、麦茶を作り始めた。
冷蔵庫の麦茶ポットを見たなおしが一言、

春といえば麦茶だよね!」

そうか?(6歳)



保育園を早退してポリオの予防接種に行ったなおし
パパが先生に伝えるのを忘れたため、昼寝の着替えをして
しまったことを私に伝えようとして、
「今日ね、パパがポロリって言うの忘れてたから…」(5歳)



少林サッカーのCMを見たみずきが言った。

「あ、少年サッカー

メチャメチャ普通ですやん。(8歳)



お風呂で、長くなったなおしの前髪をかきあげたら
見違えたので、私が 「なおちゃんカッコいい。香取慎吾くんみたい。
ほら、ベラベラステーションの人」 と言ったら、自分の前髪を見て
「でも、髪の毛黄土色じゃないよ」(5歳)



笑う→笑わない、うれしい→うれしくない、など、
子どもにありがちな、なんでも否定形にして歌うのも
最近お気に入りのなおし
今日はめだかの学校を歌っていた。
「♪そーっとのぞいて見てごらない」(5歳)



最近ダジャレに凝っているなおし
これから乗る電車が小田急線と聞いて、一言。

「小田急線は、おだ、きゅうせん」

「なに、それ」
たくみ・みずき 「なんだよ、それ」。(5歳)



みずきが算数のテストを持って帰ってきた。
点数はよかったんだけど、ウケたのは名前の欄。
まだ2年生なので、名前の漢字は 「野」 しか習ってないのだが、
それはともかく、その名前欄の字の大きさは、こんな感じだった。
せき野みずき
野ネズミじゃないんだから。(8歳)



なおしのサザエさんの歌。
「♪サカナをくわえたサザエさん」(4歳)



なおしがひらがな練習カードで
遊んでいた。イカの絵のカードに 「□ か」 と書いてあり、
その下にひらがなの 「し」 「と」 「い」 がある三択問題。
「し、だったら、シカだよ」 「そうだよね」 「シカはね、
ここんとこにツノがあるだよ」(4歳)



たくみが最近、授業で百人一首を暗記している。
私もつきあって少し覚え始めたので、 車の中でたくみ
「はなさそう」 「かぜそよぐ」 「ももひきや」 などと出題
していたら、みずきが突然こう言った。
「みといずみ」
いや、5文字の言葉を適当に言ってるわけじゃなくて。(7歳)



なおしが細い三日月を見て一言。
「あのお月様、メロンの皮みたい」(4歳)



なおしのとんぼのメガネの歌。
「♪とんぼのメガネはきいろいメガネ
あ〜おいおそらに飛んだから〜」
なぜ!(4歳)



たくみがバスの 「鶴牧団地循環」 という表示を
「撤収団地特徴」 と読んだ。
読めないならムリして読むな!(9歳)



みずき「あのね、
おじいちゃんがね、
おばあちゃんちでね
…」
おじいちゃんちじゃないのか(;z;)(6歳)



先日、愛車のスペースギアを定期点検に出した。
代車が出ないのでおじいちゃんの車に乗って引き取りに
行ったのだが、その時なおしが私に聞いた。
ブルドージャーで取りに行くの?」
借りたおじいちゃんの車はブルーバードだった。(3歳)



パパ 「なおちゃん、ズボンが前と後ろ、逆だよ」
なおし 「いいよ!」
いや、よくないから言ってるんだが…(3歳)



スポーツニュースで相撲中継を
見ながらなおしが一言。
「1P、誰?」(3歳)


お風呂にて。
私 「なおちゃん、頭洗ってあげるからおいで」
湯船の中のなおし、なかなか出てこない。
私 「なおちゃん、おいで。…おいで!
やっと出てきたなおし「おいだ!」(3歳)


なおしの♪春がきたの歌
「は〜るがきーたー
は〜るがきーたー
ど〜こ〜に〜きた〜
 や〜まにきーたー
さ〜かにきーたー
の〜み〜も〜きた〜」(3歳)


テレビでカレー丼の紹介をしていたらなおし
どんぶりコロコロ?」(3歳)


みずきが小学校へ通うためのバスに
乗る練習をしたのだが、他に日程がないというのに
当日あいにく雨が降ってしまった。するとみずき
雨だと練習できない?
雨でも学校は行くんだよ!(6歳)


車で踏切を2つ通過した。1つ目は遮断機が下りていたが
2つ目は電車が来ずそのまま通過できた。するとなおし
「今の踏切、電池なかったみたい」(3歳)


テレビで美味しそうな豚汁を紹介していたのだが
私の苦手な山菜が入っていたので
「山菜は嫌だな〜」 とつぶやいたらみずき
みーは6だよ
3歳と聞き間違えたらしい。(6歳)


ヨドバシカメラのCMでドリームキャストが一瞬映ったのを
見逃さなかったなおしが言った。
「あっ、プレステキャストだ!」(3歳)


学校で江戸川乱歩を読んでいるというたくみ
明智探偵が捕まえた博士の正体を
「え〜っと、怪人二十ソウメンだっけ?」(8歳)


保育園から帰る時、夕立がきた。
私 「(空が)真っ暗になっちゃった」
なおし 「なおちゃんもまっくろになっちゃった」
私 「真っ黒じゃなくて真っ暗って言ったんだよ」
なおし 「まっくら?なおちゃんもまっくらになっちゃった」
嘘つけ!(3歳)


風呂場遊び用の釣り竿を、以前みずきが振り回して壊してしまった。
みずきが 「もう釣りできないんだよね」 と言うので、
私が 「みーが壊したんじゃん」 と言うと、
なおしが真剣な顔で
なおちゃんがやったんじゃん、いったい!
息子よ、お前はいったい何が言いたかったんだ。(2歳)


たくみ 「昨日水着いらないって言っちゃったけど、
今日プールの日だった。しかも2時間!」
私 「えっ!じゃあその間なにしてたの?」
たくみ見物(けんぶつ)」(8歳)


車中での会話。
なおし(対向車のトラックを見て)
「なんでトラックのブーブーなの?」
何でって言われても。(2歳)


車中での会話。
パパ 「これ、後ろの席用のゴミ箱だから、
今度からこれにゴミを捨ててね」
たくみがそのゴミ箱を見ながら
「で、それなに?」(8歳)


パパ 「なおちゃん、悪い子?」
なおし 「みーくんじゃねえ!」
それ、みずきに失礼。(2歳)


みずきが私にお腹を見せながら
エネルギーが出てきたみたいって
おばあちゃんが言ってた」 と言った。
そう、アレルギー体質なのである。(5歳)


なおしがベッドで 「お腹痛い…」 と
か細い声で言うので、仰向けにして 「この辺?」 と
お腹をさすったら 「ううん、こっち」 と指さした。
…そこは背中だ!(2歳)


エレベーターで4階のボタンを押したみずき
パパが 「みずき、もう4階に届くのか〜」 と驚くと、
照れくさそうに 「逆立ち したから届いたんだよ」 と言った。
もちろん彼がしたのはつま先立ちである。(5歳)


ゴールデンウイーク初日の土曜日、お風呂での会話。
みずき 「あしたも休みだよ」
たくみ 「あさっても休みだよ、
さわさっても休みだよ!」(8歳)


食事に向かう車中でたくみとみずきが騒いでいたので
「これから食事に行くのにケンカになったら
つまんないでしょ?」 といさめたら、なおし
「つまんないの?」 と聞く。「そうよ」 と答えたら、
「なおちゃんはつまってるよ!」(2歳)


テレビを見ていたたくみが、ピングー展を
またやるみたいだよ、と教えてくれた。「場所はどこだって?」と
聞くと、「新宿の…えーと、タカマシヤ?」(8歳)


腹痛で、思わず 「イタタタタ…」 と口に出して
しまった私になおしが 「いたい?」 と聞くので、
心配してくれるのかと思って「うん」と答えたら
「なおちゃんはいたくないよ!」
…良かったね…(2歳)


たくみに、通学費補助申請の用紙を
もらいに学校の事務室へ行くように、と言ったら
「え?ジムシティ?」(7歳)


超未熟児出産のドラマを見ながら
みずきが私に尋ねた質問は、
大きさでも体重のことでもなくこれだった。
「みーを生んだの誰?」(5歳)


電車から多摩川を見ていたたくみ
「川でも釣りってできるの?」 と言うので 「もちろんできるよ」 と言ったら
川用の魚がいるの?」(7歳)


みずきが子供向けのクイズ番組を見ていた。
三択問題で、「1番……か3番」 とつぶやくみずき。
しかし正解は無情にも2番だった。すると、
「今度から全部にしよう」(5歳)


たくみが学校でズボンを間違えてきたのか、
洗濯物の中によその子のズボンが混じっていた。
タグに 「Kei」 と書いてあったので、それを見せながら
「けいくんっていう子、いる?」 と聞いたら、
「でも英語の名前の子はいないんだけど…」(7歳)


テレビのCMを見ていたみずき
「あの真ん中の人、ハズレ…」と言って黙ってしまった。画面には
はぐれ刑事純情派でおなじみ、藤田まことさんが映っていた。(5歳)


先日突然たくみがパパに言った。
「どうしていつもはしないのに、
新幹線スタンプラリーの前の日に限って
事故っちゃったの?」

身も蓋もありません。(7歳)


あいにくの雨の中、花火見物の場所取りで川原に座っていた。
大会は予定通り開催とのことだが雨はどんどんひどくなっていく。
傘をさしていても手足は濡れてしまうような状態。
憂鬱そうなたくみがつぶやいた。
「なんか滝修行みたい…」
私 「(よくそんな言葉知ってるなぁと思いつつ)そうだねぇ、滝修行みたいだね」
さらに彼は言った。 「地獄絵図…
そんな大袈裟な…(7歳)


デパートでたくみが言った。
「B1(地下1階)から外に出ると土?」(7歳)


保育園の夕涼み会の前日。朝は大雨が降っていた。
もともと天気予報では明日は晴れなのだが、てるてる坊主を
作ったらしいみずきが夕方、雨が上がったのを見て
「てるてる坊主作ったから、雨やんだね!」 とうれしそうに言った。
「みー、てるてる坊主作ったんだ。だから雨が止んだのか」 と言ってやると
にこやかに笑いながら生意気な口調で得意気に言った。
「やっぱ雨んときゃ てるてる坊主だよね」(4歳)


みずきの七夕の歌
「笹の葉さ〜らさら〜落ち葉に揺れる〜」(4歳)
2番。「ごーしーきーのーさ〜んたく〜」(5歳)


赤潮のニュースをやっていた。たくみ 「赤潮って何?」
私 「プランクトンの死骸かなんかじゃなかったっけ」
たくみ 「プラントくん?」
誰だよ、それ。(7歳)


みずきと一緒に 「クイーンエメラルダス」 のOVAを見ていた。
エメラルダスが格好よく身を翻すと、長い髪がひらめいた。
みずき 「うわっ、髪の毛長い。切ったほうがいいよ」(4歳)


私 「たくみ、背が伸びたねぇ。もう120センチくらいあるかもね」
たくみ 「え?じゃああと20センチ伸びたら
140センチになるってこと?」
私 「…そうだけど…?」(7歳)


新しい傘にご機嫌なみずき
「明日天気にな〜れ」(4歳)


たくみが突然聞いた。
「ねえ、とりごめってなに?」
コンビニのおにぎりの話らしいが、米に鶏もなにもないだろうと
包みを見たら、それはとり五目だった。(6歳)


金紙と銀紙で包んであるチョコクッキーを食べていたたくみ
「金と銀で味が違うのかな?」 というので 「同じだよ」 と答えると
「じゃあどうして金と銀があるんだろう」 と聞く。
おばあちゃんが 「2色の方がきれいだからじゃないの?」 というと、
たくみ 「きっと紙が足りなかったからだと思うよ」
私とおばあちゃん 「違うと思うよ…」(6歳)


私「ほら、寒いから息が白いよ」
みずき(見えなかったらしい) 「みーの息、 黒いよ」(4歳)


みずきがつぶ入りグレープジュースを飲んでいてふと
「これブツブツが入ってる」とつぶやいた。(4歳)


電車でゲームボーイをやっていたたくみが叫んだ。
デッパリが切れた!」
バッテリーです。(6歳)


みずきの計算(即答するからエライ)。
「1+1は?」 「2!」
「2+2は?」 「3!
「3+3は?」 「4!
「4+4は?」 「5!」(4歳)


電車に乗っていたみずき
「次はピカチュウ、ピカチュウだって」 と言った。
次の駅は北府中だった。(4歳)


たくみがお風呂上がりに突然言った。
「あのさぁ、1年1組で良かったよ」
「えっ、どうして?」 「だって2組の子ってさぁ、
みんな覚えにくい名前なんだもん」(6歳)


たくみ 「おじいちゃん、もう寝ちゃったの?」
私 「今日は旅行に行ってるからいないの」
みずきりょこうやさい?」
それは緑黄野菜。(4歳)


みずきがおはぎのあんこばかり食べているので
私が 「みぃ、ごはんも食べなよ」 と言うと、
「だってあんこが邪魔なんだもん」(4歳)


私 「飴がほしいときはなんていうの?」
たくみ 「あめ、くーしゃい!」
私 「もらったらなんて言うんだっけ?」
たくみあーけーて!
私 「…ありがとう、でしょ」たくみ「あんと!」(2歳)


テレビで結婚のシーンを見ていたら、みずき
「あれなに?」 というので 「結婚式だよ」 と教えてやると、
「ママも結婚したい?」(4歳)


イカリングを食べていたみずきが、肝心のイカを出して言った。
タネが入ってた」(3歳)


私 「宇宙には何がいるの?」
たくみ 「敵」(5歳)


たくみがみずきとチョコボールを配り分けていた。横で数えているみずき
「ひとつ…ふたつ…みっつ…よっつ…ごっつ…」(3歳)


砂場でバケツの中に砂と水を入れ、カレーを作るみずき
「にんじん、たまねぎ、豚肉、じゃがいも、
ありさんも入れよう!」(2歳)


祖母の家に行ったたくみ、冷蔵庫を開けてヨーグルトを見つけ、
勝手に持ってきて一言、
「これ、古くない?」(2歳)


「ここが痛い」 とおちんちんを押さえて起きてきたみずき
いっちょまえに朝立ちしていたので 「ああ、立ってるからか」 と言うと
「立ってるから痛いのか」 と言ってしゃがんだ。(2歳)


七夕の短冊にたくみが書いた願い事『オーレンジャーになりたい』。
去年は 『カクレンジャーになりたい』 だったので
「カクレンジャーじゃないの?」 と聞くと
「だってカクレンジャーもう終わっちゃったもん」(4歳)


みずきのひなまつりの歌
「♪あかりをつけましょ、ぼんのはな〜。ご〜にんばやしの…」(2歳)

みずきのかわいい魚屋さんの歌「♪かわいいかわいい魚屋さん
タマゴと遊びの魚屋さん…」
ちなみに正解は 「ままごと遊びの魚屋さん」(4歳)


大島の動物園でいきなり放し飼いの七面鳥を見て
驚いたたくみ、恐怖の面持ちで
「次は何が出てくるの〜?」(4歳)


逃亡中の福田和子容疑者の写真をテレビで見ていたみずき、「あの人2歳?」
「ちがうと思うけど、どうしてそう思ったの?」 「だって2歳、ってやってるよ」
写真の福田容疑者はピースをしていた。(2歳)


パパを迎えに駅まで行く車の中で、
たくみ「パパ、取りに行くの?」(2歳)


ホームページへ戻る


[ 12317 ]